着物のゆかいな仲間たち

着物類の名わき役たちのご紹介

着物買取の買取価格が上がるポイントって?

着物買取では買取の申込がされた後、それぞれの着物をチェックして価格を付けていくことになります。そこではそれぞれの着物によって結果が異なることが一般的ですから、より高く買い取ってもらいたいのであれば事前に幾つかのポイントに就いて確認をしておく必要があります。

では着物買取の価格が上がるポイントとしてはどういったところがあるのかというと、まず当然、着物の質が関係してくる事になるでしょう。着物買取に出されてくる着物は数多くありますが、一般的に質が上がれば価値も上がることになります。

スーパーで売られているような安物の浴衣であれば着物買取を断られることすらあり得るでしょうし、もし老舗の呉服屋が最高の技術と素材で作り上げた逸品が着物買取に出されてきたのであれば数十万円、百万円以上することもあるでしょう。このことは基本中の基本ですが、だからこそしっかり押さえておきたいポイントです。

次いでポイントとして押さえておきたいのは保存状態です。着物には様々な生地が使われることになりますが、どのような生地であったとしても保存状態を間違えてしまえば容易く傷んでしまうのが着物です。

特に最上質の生地である正絹を使って作られた着物になると、保管している環境がおもわしくないとすぐに色あせてしまったり、虫食いが発生してしまったりすることになります。

そうなってしまえばどれだけ美しい豪奢な着物であったとしても、その本来の価値を付けてもらうことは出来なくなってしまうのです。そしてこの保管の環境はいざ着物買取に出そうと決断してから改善できるようなものではありません。ですから着物は必ず、それぞれの着物に応じた環境を用意して保管してやることが大切なのです。

そして三つ目のポイントとしてチェックしたいのが付属品です。着物の付属品というとぴんとこない人も多いのですが、ここで言う付属品とは鑑定書や証紙、端切れといったようなものになります。中でも重要なのが鑑定書や証紙などの証明書類で、これはそれぞれの着物がどこで作られたのか、生地は何なのかといったようなことを証明する役割を担っています。

もちろんプロの着物買取業者であれば実際の着物を見て判断していくことが多いのですが、最終的な価値判断においてこういった証明書があれば価格が上がる可能性は高いです。もし上がらなかったとしても下がることはまずありませんから、着物買取に出す際には是非揃っているかチェックするようにしてあげてください。