着物のゆかいな仲間たち

着物類の名わき役たちのご紹介

小物

着物を着る場合には、着物そのものだけでなく、必ず半衿伊達衿帯揚げなどの和装小物が必要になります。和装小物には、どのようなものがあるかというと、上述した半衿伊達衿帯揚げの他にも、帯締めや草履、帯留め、バッグ、紐などがあります。実は、着物同様、この小物にも季節のマナーや格がありますので、一応知っておくと便利です。 半衿は、着物の衿に汚れが付かないように必ず長襦袢の衿に縫い付けるものです。

そして、半衿が汚れるたびに取り外して、お手入れをします。半衿の色は白が基本で、素材の違いによって季節感を表現するのが普通ですが、最近では色半衿や刺繍半衿、友禅半衿などを楽しむ人も増えています。一方、伊達衿は、留袖、振袖、訪問着など格の高い着物を着る際に用いる装飾的はな衿です。基本は無地ですが様々な色があり、着物の地色や顔映りなどを見て選ぶのが普通です。また、帯揚げには、色や柄、素材など実に様々な種類のものがありますが、留袖を着た場合には白い帯揚げ、喪服を着た場合には黒の帯揚げを用いるのが決まりです。

この帯揚げの色のルールは帯締めにも共通しています。ただ、留袖を着た際の白の帯締めは、その裏面の色が白でなくてもいいことになっており、金色や銀色になっているものもあります。 着物は、季節に合わせて衣替えをします。10月から5月までの季節は緞子や綸子、縮緬、お召、紬、ウールなどの素材の、裏地の付いた袷の着物を着るのが普通です。また、夏の暑い時期である7~8月は、絽や紗、上布など、薄くて透ける素材のうすものを着ます。

そして、中間の6月と9月は、縮緬やお召など、裏地のない単衣の着物を着るのです。季節の移り変わりに合わせて着物を着替えるのと一緒に、小物も全てその季節に適した物に変える必要があります。たとえば、夏の半衿には絽を用いるのが一般的です。さらに、季節に合わせるだけでなく、TPOに合わせて使い分けることも大切です。正式の礼装であるならば、半衿は白塩瀬の羽二重を用いるとよいでしょう。

また、訪問着に白の伊達衿を付けると改まった印象になりますので、黒留袖などに次ぐ礼装として着用することができます。若い人であれば、鮮やかな色の伊達衿を用いることによって、改まった感じになるのと同時にとても華やかな雰囲気になれますので、重宝します。パーティーなどの社交着として着物を着用するのであれば、白無地縮緬か塩瀬羽二重もしくは刺繍半衿あたりが妥当です。ただし、お茶席の場合は白の半衿を用いるのがマナーですので、気をつけてください。