着物のゆかいな仲間たち

着物類の名わき役たちのご紹介

長襦袢

長襦袢という言葉は一度は聞いたことがあるものですが、これは着物と肌着の間に着るもので着物の滑りをよくして着物が汚れないようにするための下着のことです。長襦袢にはいくつかの種類があります。留袖や喪服用、振袖、訪問着、付け下げ、色無地や小紋、紬などです。留袖や喪服には白い襦袢でシンプルな地紋のものを選びます。振袖の時には長い丈のもので振袖用の長襦袢地から着物にあっている柄や色のもので無地やぼかしのものが無難です。訪問着や付け下げの場合はクリーム色や薄いピンク色などの淡い色で無地やぼかしを選ぶと間違いないです。そして色無地は地紋だけのものがぴったりです。

小紋や紬は特に着物ならではのお洒落を楽しむことができるものなので、小紋柄、濃い色、着物とは反対色などを選ぶのがおすすめです。袖口からのぞく襦袢は実は着物の柄と同じように注目すべき事柄なのです。例えば無地に近い着物を1つ持っていれば柄物の襦袢などをもってきて楽しむことができますし、同じ着物を着るにしても色の選択を変えると雰囲気が全く違うものになります。着物を着こなす上では襦袢は絶対にはずせないお洒落アイテムなのです。

そのためにも着物屋さんで自分に似合う色を調べてもらうのも一つの方法です。夏祭りには浴衣を着たりする女性もけっこう多いですが、その場合でも肌襦袢や長襦袢をきっちりと着ることで大人の着こなしにすることができます。日中のお出かけですと薄すぎてしまいますし、長時間ずっと浴衣を着ている場合には汗もかくでしょうからやはり汗を吸い取るものとして長襦袢を着ておいたほうがいいのです。また歩く時にも浴衣がもたつかず見た目にも美しいので、着物でのおしゃれを目指すのであればそこにもこだわりたいものです。夏には夏用の長襦袢があります。

麻や紗、絽などの素材がありますが、特に絽は夏の間であればどんな着物にも合わせやすい素材なので1枚は持っておくと良いです。汗を吸い取った後にはじゃばじゃばと洗えるとうれしいですし、今では洗える長襦袢もいろいろと出ているので浴衣や着物に合わせて購入してみてください。浴衣に長襦袢をあわせるだけではなく、足袋や下駄をあわせることで上品さを出すことができ、まるで着物のような雰囲気をだすことも可能です。

これは女性だけではなく、もちろん男性の場合にもあてはまります。着物ふうに着こなしたい場合はシンプルなものか濃い色合いのものを選ぶことでそれっぽく見えてきます。長襦袢はいろんなイメージを出すことができるマストアイテムなのです。