着物のゆかいな仲間たち

着物類の名わき役たちのご紹介

木綿

着物を着る場合には、着物そのものだけでなく、帯、小物にいたるまで「格」というものがありますので、TPOに合わせて使い分ける必要があります。一般に、礼装用としての黒留袖や本振袖、喪服などの格が一番高く、次に略礼装としての色無地や訪問着がきます。それより少し格が下がるのが、外出着としての付下げや小紋で、一番格下となるのが紬や絣、木綿などの街着・普段着ということになります。たとえば、紬などは、その独特の地風がおしゃれな方たちにたいへん好まれ、値段も非常に高価な場合もありますが、着物としての格自体は一番下になりますので婚礼や茶会の席などに着ていくことは、マナー違反にあたります。値段の高さと格はまったく無関係なので、気をつけることが必要です。

街着や普段着、ちょっとした外出着に適している着物生地種類には、紬、絣、黄八丈、ウール、銘仙、木綿などがあります。それぞれに特徴があり、格が下であるとはいえ、ちょっとしたお稽古ごとや、趣味の集まり、食事会程度であれば充分着ていくことができます。その中でも木綿の着物は、安価で丈夫なだけでなく、家庭でも洗濯することができますので、着物好きの方の普段着として、ウールのものと並んで高い人気を得ています。

 木綿と一言で言っても、着物生地種類としての木綿には、結構いろいろな種類があります。たとえば、伊勢木綿、会津木綿、片貝、保多織などです。いずれの生地の物を買うとしても、普段着として着用する場合、頻繁に家庭で洗うことが前提になりますから、仕立て前の水通しがきちんとなされているものを購入することが肝心です。その処理がしっかりとされていないと、洗濯をするたびに縮んでしまい、最悪の場合には着られないサイズになってしまうこともあります。

できるだけ長く着心地よく着続けたいと思うのであれば、ネットショップなどで格安で売られている商品ではなく、ある程度名の通った生地のもので、それなりの値段のものを選ぶようにした方が安心です。同じくらい安くて手入れも簡単なものに、ポリエステル生地のものもありますが、これは、吸湿性や通風性が非常に悪く、着心地が良くない上に、着崩れもしますので、普段着としてもあまりおすすめできません。

木綿の着物といっても、薩摩木綿などは綿紬とも呼ばれるほどの高級品であり、値段もかなり高いので、普段着には不適当かもしれません。最近では、新潟県の小千谷地方近辺で、かなり品質も良い上に手頃な値段のいい綿織物が生産されているようです。